PRODUCTS 製品情報

シーリングフリー®

  • 一般施設
  • 医療施設
  • 電気設備
  • 空調設備
  • 省エネルギー
  • 設計・施工

シーリングフリー®は、オフィスに必要な照明・空調・防災などの設備機能を集約した一体型のユニットです。
これまでオフィスの天井面に別々に設置していた設備機能をユニットに集約しているため、 天井ボードを張らずに、建物躯体から直接ユニットを吊り下げるだけで、照明・空調・防災などの機能を配置することが可能となり、工期の短縮と作業効率の向上を実現します。
さらに、エネルギー消費量の比重が大きい照明と空調に対し、省エネ化を図る最新の技術を導入し、オフィスのZEB化を推進いたします。

~システム概要~
オフィスに必要な、照明・空調・防災設備などの設備機能を集約

  • 照明と空調の省エネ性と快適性の両立、施工性向上
  • 空調機器タイプと設備プレートタイプの2種類で構成
  • 建物躯体から吊り下げ、連結配置により空調・照明などの機能を実現

ADVANTAGE 特長

ADVANTAGE 01 照明機能

  • 省エネ性
    • タスク・アンビエント照明方式に対応(従来方式より4~6割省エネ)
    • 明るさセンサーによる自然光を利用した省エネも可能
  • 快適性
    • LED照明でありながらやわらかい光の発光面を直接視界に入れることで、天井面の明るさ感向上を実現

補足説明
タスク・アンビエント照明方式(以降:TAL方式)は、全般照明方式と比較し40~60%程度省エネであるとされます。しかしながら、従来の一般的なオフィスで照明出力を抑えると室内が薄暗く感じる課題があります。シーリングフリー®が形成するオフィスは、TAL方式においても1/4円弧状の発光面が連続して執務者の視界に入るため、光天井のような明るい空間を形成する特徴を有しています。

一般的なオフィスの明るさ

※机上照度300lx

シーリングフリー®オフィスの明るさ

※机上照度300lx

非常に暗い

非常に明るい

[NB値]*

  • NB値:人が感じる明るさを数値化した明るさ尺度値

ADVANTAGE 02 空調機能

  • 省エネ性
    • 再生可能エネルギー(地中熱や太陽熱など)の利用が可能な、空調機器「アクティブチルドビーム」の採用
  • 快適性
    • 吹出し温度が室温に近く、照明形状を利用してゆるやかに送風するため、執務者に不快な気流が直接あたることを防ぎ、快適な室内空間を実現
  • ダクト型パッケージ空調向け製品もございます

ADVANTAGE 03 施工性

  • 建物躯体から吊り下げ、連結配置するだけで設置が完了するため、設置のための作業量を軽減
  • 天井材が不要なため、配線・配管などの作業性が向上
  • 開放的なオフィスデザインを形成可能

一般的なオフィス

シーリングフリー®オフィス

RESULTS 導入効果

  • タスク・アンビエント照明方式を採用しても明るい室内環境を形成
  • 再生可能エネルギー(地中熱・太陽熱)が利用可能なアクティブチルドビームを採用
  • 天井材が不要なため、開放的なオフィスデザインを形成

SPEC 仕様

項目 シーリングフリー®(チルドビームタイプ)
外形寸法 2,550×715×326mmH
重量 約130kg
風量 135CMH
冷却能力 1,046W(空気側:463W、コイル側:583W)
 水量 4.2 L/m
 送水温度 16℃ ⇒ 18℃
加熱能力 640W
 水量 2.4 L/m
 送水温度 34℃ ⇒ 30.2℃
照明器具  
 電力 設置する照明器具に準ずる
  • 上記はベース仕様となっています。実際の室条件等に応じて調整します。

CONSTRUCTION 施工実績

学校法人玉川学園様

実験用途教室に導入

Internet Explorer(IE)動作保証対象外のお知らせ

ダイダン公式ウェブサイトへのご訪問ありがとうございます。
申し訳ありませんが、現在ダイダン公式ウェブサイトでは、Internet Explorer(IE)は動作保証対象外となっております。
お手数をおかけしますが、下記の閲覧・動作推奨ブラウザからのご利用をお願いいたします。

ダウンロードおよびインストール方法などにつきましては、ブラウザ提供元へお問い合わせください。
ご不便をおかけしますが、ご理解ご協力のほど、よろしくお願いいたします。

本サイトでは、お客様に提供する情報やサービスの充実、本サイトの快適なご利用のために、クッキーを使用しています。本サイトをご利用いただく際には、クッキーの利用について同意いただいたものとみなします。本サイトで使用するクッキーについては、クッキーポリシーをご確認ください。