細胞培養施設向け交差汚染防止システム「エアバリアブース」 概要 - 製品とシステム|ダイダン株式会社

株式会社ダイダン

株式会社ダイダン

メニュー
製品とシステム

製品とシステム

細胞培養施設向け交差汚染防止システム「エアバリアブース」

概要

システムの概要

安全キャビネット廻りをブースで囲い半開放空間として、ブース天井に設置されたファンフィルタユニット(FFU)から清浄な空気を吹き出します。
ブース内を微陽圧にすることで安全キャビネット廻りの清浄度を高めることが可能です。
また逆に、安全キャビネットからの空気を室内(共用部分)へ出したくない場合は、ブース内を微陰圧にすることで封じ込め対策を行うことができます。

システム概要

システム概要

細胞の感染リスクを低減
開口部からブース外への一方気流を形成することで、異物がブース内に侵入するのを防止します。

スムーズな導線で作業が効率的に
半開放型のブースにより、モノの出し入れや人の出入りがしやすく、効率的な作業が可能です。

製造プロセス変更に容易に対応
ブースの移設が簡単で、空調設備の変更が不要です。

エアバリアブースの性能

regenerative_3.jpg

シミュレーション動画

ブース側面図(開口部は左側)

技術・サービスに関するお問い合わせ

お問い合わせ
トップページへ戻る