ENVIRONMENT 環境への取り組み

  1. トップ
  2. サステナビリティ
  3. 環境への取り組み

持続可能な地球環境の構築に寄与することが私たちの使命であると考え、さまざまな取り組みを実施しています。

ENVIRONMENTAL PROTECTION 環境保全への取り組み

事業活動を通じた環境負荷低減の取り組み

当社は、気候変動をはじめとする環境問題が、事業に影響を与える重要な課題であることを認識しており、持続可能な社会の実現を目指した「重点課題(マテリアリティ)」として、4つの環境関連課題を設定しています。この認識を踏まえ、設計、施工、開発を中心とした事業活動を通じて、省エネ、省資源による環境負荷低減に取り組んでいます。その中でも特に重要と位置付けているのが、究極の省エネルギービルであるZEB(ネット・ゼロ・エネルギー・ビル)の技術開発とその普及に努めること、また、さまざまな建物へのエネルギー効率の高い設備の導入提案を推進することです。お客さまの建物の長期にわたる環境負荷低減に寄与してまいります。
また、地球温暖化に影響するフロンの漏洩防止、産業廃棄物の排出削減と分別、ならびに水使用量の削減や水資源の保全に対する取り組みを継続することも重要と考えています。当社は、ISO14001の国内全事業所一括認証を維持し、社員および関係者が環境保全に対する認識をさらに深め、SDGsの達成や生物多様性の保全に貢献していきます。

環境マネジメントシステム 2019年度環境目標・活動結果

タイトル 項目 単位 対象範囲 2017年度 2018年度 2019年度
温室効果ガス 温室効果ガス(GHG)排出量(Scope1+2) tCO2 単体 4,385 4,508 3,926
Scope1※1 tCO2 単体 1,999 2,045 1,929
Scope2※2 tCO2 単体 2,386 2,463 1,997
Scope3 CATEGORY11※3
設計提案の採用による建物運用段階の
削減量
tCO2 単体 10,634 22,705 14,968
温室効果ガス(GHG)排出量(原単位)
完成工事高(百万円)当たりの温室効果ガス排出量
kgCO2/百万円 単体 31.9 30.6 24.3
オフィスにおける温室効果ガス(GHG)排出量 tCO2 単体 1,663 1,645 1,529
エコカー導入率 % 単体 75.5 82.0 87.1
消費電力量 kWh 単体 4,659,609 4,832,912 3,931,963
うち再生可能エネルギー量 kWh 単体 47,414 48,176 70,462
廃棄物 産業廃棄物総排出量 ton 単体 10,916 6,871 8,251
最終処分量 ton 単体 1,182 797 1,124
リサイクルされた廃棄物量 ton 単体 9,734 6,074 7,127
リサイクル率 % 単体 89.2 88.4 86.4
作業所当たりの産業廃棄物分別数 /作業所 単体 3.7 4.0 4.2
オフィスにおける一般廃棄物排出量 ton 単体 109 113 89
水資源 水資源投入量 m3 単体 70,312 59,122 55,761
作業所における水資源投入量 m3 単体 56,372 45,268 41,313
オフィスにおける水資源投入量 m3 単体 13,940 13,854 14,448
オフィスにおける排水量 m3 単体 13,940 13,854 14,448
水資源投入量(原単位)
完成工事高(百万円)当たりの水資源投入量
m3/百万円 単体 0.511 0.401 0.345
その他 作業所における機材のグリーン購入率 % 単体 44.8 46.0 46.7
オフィスにおけるコピー用紙使用量※4 ton 単体 59.3 58.0 57.4
ISO14001の認証取得事業所割合 % 単体 100 100 100
  • ※1 Scope1:ガス、灯油、ガソリン消費によるCO2排出量
  • ※2 Scope2:二次エネルギー(電力)消費によるCO2排出量
  • ※3 Scope3 CATEGORY11:施工した設備の運用に関するCO2排出量
  • ※4 2020年度目標として「オフィスにおけるコピー用紙使用量」56ton以下と設定

温室効果ガスの排出量削減への取り組み

当社は、オフィスの消費エネルギーの削減、エコカーの導入の促進に取り組んでいます。2019年度のオフィスの温室効果ガス排出量は2013年度比17%の削減となりました。
また、エコカーの導入が進んだことで2019年度の温室効果ガス排出量は2013年度比37%の削減となりました。

温室効果ガス排出量実績 グラフ

産業廃棄物の分別への取り組み

当社は、すべての施工現場で廃棄物の分別を推進しています。 2019年度に当社が排出事業者となった施工現場の産業廃棄物総排出量は、約8,251トン、分別率は86.4%となりました。また、オフィスにおいても廃棄物の削減と分別を推進しています。2019年度のオフィスからの一般廃棄物量は、約89トンとなりました。

産業廃棄物の分別実績 グラフ

グリーン購入の取り組み

当社は、「省エネルギー・高効率機器の採用」「エコ材料の採用」 「長寿命化機材の採用」「低大気汚染機器の採用」「節水型器具などの採用」の5つの活動項目に対して、「グリーン購入対象品目」を定めており、お客さまに「グリーン購入」を積極的に提案しています。2019年度のグリーン購入率は、46.7%となりました。

グリーン購入実績 グラフ

水資源への取り組み

当社は、オフィスならびに施工現場における水資源投入量の把握と削減に取り組むとともに、お客さまへの雨水利用、排水再利用、節水型器具等の水資源有効利用提案を積極的に推進しています。 また、海岸や河川の美化・清掃活動など地域の環境貢献活動への参加を促進しています。

品質環境マネジメントシステム

当社の環境マネジメントシステムは、品質マネジメントシステムと統合し効果的に運用しています。なお、2020年度は環境関連の罰金や違反等による支払い、また、水質・水量の規制に関する違反はありませんでした。

Internet Explorer(IE)動作保証対象外のお知らせ

ダイダン公式ウェブサイトへのご訪問ありがとうございます。
申し訳ありませんが、現在ダイダン公式ウェブサイトでは、Internet Explorer(IE)は動作保証対象外となっております。
お手数をおかけしますが、下記の閲覧・動作推奨ブラウザからのご利用をお願いいたします。

ダウンロードおよびインストール方法などにつきましては、ブラウザ提供元へお問い合わせください。
ご不便をおかけしますが、ご理解ご協力のほど、よろしくお願いいたします。

本サイトでは、お客様に提供する情報やサービスの充実、本サイトの快適なご利用のために、クッキーを使用しています。本サイトをご利用いただく際には、クッキーの利用について同意いただいたものとみなします。本サイトで使用するクッキーについては、クッキーポリシーをご確認ください。