腐食診断技術 「配管腐食診断システム」とは - 製品とシステム|ダイダン株式会社

株式会社ダイダン

株式会社ダイダン

メニュー
製品とシステム

製品とシステム

腐食診断技術

「配管腐食診断システム」とは?

調査診断フロー

corrosion_il001.gif

現況調査

診断をはじめる前には現在の状況を把握するために、「建物が竣工してから、現在に至るまでの配管系に漏水を生じたことがあるのか」、あるいは「改修したことがあるのか」、または「水の色、水量に異常を生じていないのか」等の一次情報を得る「現況調査」を実施します。

調査診断方法

本診断システムは、空調・衛生などの設備配管の腐食診断で、抜管を伴わない非破壊調査と、実際に配管を抜き取る抜管による調査とで診断を行います。

非破壊調査では
  1. 内視鏡(ファイバースコープ)を用いて管内部の閉塞状況の推定
  2. 超音波厚さ計による管材料の残存寿命の推定
  3. 水質分析による配管系の劣化度の推定
抜管調査では
  1. 抜管による管材料の残存寿命の推定

技術・サービスに関するお問い合わせ

お問い合わせ
トップページへ戻る