ディスクロージャー・ポリシー - 投資家情報 | ダイダン株式会社

株式会社ダイダン

株式会社ダイダン

メニュー
投資家情報

ディスクロージャー・ポリシー

ディスクロージャー・ポリシー

ダイダン株式会社(以下「当社」)は、株主・投資家の皆さまに対し、当社に関する重要な情報の適時・適切な開示に努めます。

  • 情報開示の基本方針
    当社は、金融商品取引法等の関連法令、並びに東京証券取引所の定める規則に基づき、公正で透明性の高い情報開示を行います。
    また、上記に該当しない情報であっても、株主・投資家の皆さまに有用な情報につきましては、できる限り積極的かつ公平に開示してまいります。
  • 情報開示の方法
    当社は、金融商品取引法等の関連法令、並びに東京証券取引所の定める規則において開示が要求される情報については、それぞれ適切な方法で開示するとともに、開示後速やかにその内容を当社ウェブサイトに掲載いたします。
    また、上記に該当しない情報であっても、株主・投資家の皆さまにとって有益な情報につきましては、財務情報・非財務情報に関わらず、原則として当社ウェブサイトにおいて開示いたします。
  • 情報開示体制
    当社は、代表取締役、業務本部長(情報取扱責任者)を中心に、関係部署間で相互に連携を図り、所定の社内手続きを経た上で情報を開示します。

    【適時開示体制概要図】
    適時開示体制概要図
  • 建設的な対話を促進するための主な取り組み
    当社のIR活動は、業務本部内にIR専任部署を設置して取り組んでいます。合理的な範囲で代表取締役または取締役が対応に努めるとともに、対話を通じて得られた意見について、代表取締役への情報共有を適宜行います。
    ・株主総会(年1回)
    ・機関投資家・アナリスト向け説明会の実施(年2回)
    ・投資家・アナリストからのインタビュー、取材対応(随時)
    ・当社ウェブサイトにおけるIRニュースページの運営
  • 業績予想並びに将来の予測について
    当社が開示する今後の計画、戦略などの将来の業績に関する見通しは、発表時点で合理的であると判断する前提に基づき作成しています。
    従って、様々な要因により、実際の業績が予想と異なる結果になる場合があります。
  • 沈黙期間
    当社は、決算(四半期を含む)情報の漏洩防止および公平性の確保のため、決算期日の翌日から決算発表日までを「沈黙期間」としております。
    この期間は、決算・業績見通しに関する質問への回答やコメントを差し控えさせていただきます。
    但し、この期間中に業績予想を大きく外れる見込みが出てきた場合には、適時開示規則等に基づき、速やかに開示いたします。
    なお、沈黙期間であっても、既に公表されている情報に関する照会等については対応いたします。

以上

平成30年7月25日 制定

トップページへ戻る