エネフィス四国 - 技術とサービス | ダイダン株式会社

株式会社ダイダン

株式会社ダイダン

メニュー
技術とサービス

エネフィス四国

「エネフィス四国」

ダイダン四国支店

BELS(省エネ評価基準)
エネフィス四国

再生時間 3分03秒・音量にご注意下さい

人と地球が共存できるオフィス「ダイダン四国支店・エネフィス四国」

人と地球との共存を図りながら,オフィスで働く人が健全で活力ある知的生産活動を行うための様々な技術を集約。エネフィスシリーズ第2弾!!「ダイダン四国支店」(愛称:enefice四国)建設に着工しました。

エネフィス四国がBELS 5☆ならびに『ZEB』(完全ZEB)に認定されました。
(リリースはこちら

エネフィス四国®の建設現場の仮囲いを発表の場とするデザインコンペを実施しました。
(リリースはこちら/特設ページはこちら

  • エネフィス四国外観
  • エネフィス四国外観
  • エネフィス四国外観
  • エネフィス四国内装
enefice四国の4つのコンセプト 「BCP対策」と「ZEB化技術の深化」を図りつつ,「快適性」と「経済性」を向上する次世代型建物を実現する
4つのコンセプト
コンセプト 主要実施項目

BCP対策

~支店機能の維持、事業継続性の確保~

  • ・備蓄倉庫の設置
  • ・1Fはピロティとし、重要室は設置しない
  • ・重要機器類は屋上設置・蓄電池の設置
  • ・雨水貯留槽の設置(雨水利用) 

ZEB化技術の深化

~ZEB化技術の
トップランナー地位の確立~

  • ・エネフィス九州の運用実績から空調・電気設備容量低減
  • ・エネフィス九州検証結果から負荷低減効果のある断熱・蓄熱床外壁(外断熱を追加)
  • ・クール&ウォームチューブによる地中採熱設備
  • ・建築杭を利用した地中熱採熱設備(10kW)
  • ・太陽光発電パネル(49.6kW)⇒『ZEB』を達成(設計時点で基準より-101%) 

快適性の向上

~IoTを利用した制御技術の導入~

  • ・建物設備(電気、空調、衛生)の各制御、監視をIoT技術の利用により行う
  • ・照明、空調などの操作は在席者のスマートフォン・タブレットなどの端末でも可能なものとし、在席者
  •  の快適性、満足度の向上に寄与する

経済性の向上

~費用対効果向上による当社受注拡大~

  • ・汎型の高効率パッケージエアコンを採用する
  • ・一般事務所ビル対比150%※以下の空調工事費で建設(IoTなどの先駆的な取組費用を除く)
    ※ZEBガイドラインでは空調工事は160%に増加すると試算
  • ・エネフィス九州対比設備費68%(延べ床面積当たり対比)
コンセプト 主要実施項目

BCP対策

~支店機能の維持、事業継続性の確保~

  • ・備蓄倉庫の設置
  • ・1Fはピロティとし、重要室は設置しない
  • ・重要機器類は屋上設置・蓄電池の設置(48.3kwh)
  • ・雨水貯留槽の設置(雨水利用) 

ZEB化技術の深化

~ZEB化技術の
トップランナー地位の確立~

  • ・エネフィス九州の運用実績から空調・電気設備容量低減
  • ・エネフィス九州検証結果から負荷低減効果のある断熱・蓄熱床外壁(外断熱を追加)
  • ・クール&ウォームチューブによる地中採熱設備
  • ・建築杭を利用した地中熱採熱設備(10kW)
  • ・太陽光発電パネル(49.6kW)⇒『ZEB』を達成(設計時点で基準より-101%) 

快適性の向上

~IoTを利用した制御技術の導入~

  • ・建物設備(電気、空調、衛生)の各制御、監視をIoT技術の利用により行う
  • ・照明、空調などの操作は在席者のスマートフォン・タブレットなどの端末でも可能なものとし、在席者
  •  の快適性、満足度の向上に寄与する

経済性の向上

~費用対効果向上による当社受注拡大~

  • ・汎型の高効率パッケージエアコンを採用する
  • ・一般事務所ビル対比150%※以下の空調工事費で建設(IoTなどの先駆的な取組費用を除く)
    ※ZEBガイドラインでは空調工事は160%に増加すると試算
  • ・エネフィス九州対比設備費68%(延べ床面積当たり対比)

2019年春の竣工に向けて、現在施工中(今月の施工状況)

2019年春の竣工に向けて、現在施工中(今月の施工状況)

建設地上空からの撮影画像

過去の施工状況はこちら
  • スマートエネルギーへの取り組み
  • 技術研究所
  • エネフィス九州
トップページへ戻る