PRODUCTS 製品情報

エアフィルタ再生

  • 一般施設
  • 産業施設
  • 医療施設
  • 空調設備
  • 省資源

ダイダンでは、地球環境の保全やSDGsの達成に貢献するため、有機ガス除去用エアフィルタのリユース事業を行っています。
~超臨界CO2を用いたエアフィルタ再生とは~
超臨界CO2は、温度31.1℃、圧力7.4MPa(74気圧)以上のCO2(二酸化炭素)です。気体並の高い流動性・浸透性と、液体並の強い溶解力を持った状態のCO2であり、環境負荷の大きい有機溶剤の代替となるグリーン溶媒として期待されています。
当社はこの超臨界CO2を利用し、今まで再生する方法がなかった有機ガス除去用エアフィルタや活性炭の洗浄再生を実用化し、エアフィルタのリユース事業を行っております。

  • 本技術は、東北大学、及び産業技術総合研究所との共同研究により開発しました。
  • 本技術は、独創性・有効性・事業性が高く評価され、平成20年度NEDOイノベーション実用化助成事業に採択されました。
  • 本技術は、経済的効果、及び環境負荷低減に貢献することが高く評価され、化学工学会の平成24年度化学工学会賞 技術賞を受賞しました。

ADVANTAGE 特長

ADVANTAGE 01 リユース事業

  • 従来は廃棄せざるを得なかった有機ガス除去用エアフィルタの洗浄再生サービスを行うリユース事業を展開しています。

ADVANTAGE 02 グリーン溶媒

  • 超臨界CO2は、温度31.1℃、圧力7.4MPa(74気圧)以上のCO2(二酸化炭素)であり、気体並の高い流動性・浸透性と、液体並の強い溶解力を併せ持っています。環境負荷の大きい有機溶剤の代替となるグリーン溶媒として期待されています。

ADVANTAGE 03 高い環境性

  • 平成24年度化学工学会賞技術賞を受賞
    本技術では、新品フィルタを再生フィルタに置き換えることでランニングコストを新品比の30%に削減、廃棄物量をゼロに抑えられることが実証されています。
    経済的効果、及び環境負荷低減に貢献することが高く評価されて、公益社団法人化学工学会において、平成24年度化学工学会賞 技術賞を受賞いたしました。
  • 再生実績が200件を達成
    超臨界CO2によるエアフィルタ再生技術は、繰り返しエアフィルタを使用できるため廃棄物削減の効果が高く、また有機溶剤を一切使用しない環境配慮型の技術となります。SDGsへの貢献やESG投資への対応を推進している企業からの評価が高く、一度採用していただいたお客さまからのリピートも数多くいただき、2014年の事業化からリユース件数が200件(2020年)を達成しました。200件の導入で、フィルタ換算にして約2,000枚分を再生しており、その結果約40トンの廃棄物量の削減が見込まれます。

RESULTS 導入効果

  • フィルタ交換コスト 30%削減
  • フィルタ廃棄物発生量 ゼロ

Internet Explorer(IE)動作保証対象外のお知らせ

ダイダン公式ウェブサイトへのご訪問ありがとうございます。
申し訳ありませんが、現在ダイダン公式ウェブサイトでは、Internet Explorer(IE)は動作保証対象外となっております。
お手数をおかけしますが、下記の閲覧・動作推奨ブラウザからのご利用をお願いいたします。

ダウンロードおよびインストール方法などにつきましては、ブラウザ提供元へお問い合わせください。
ご不便をおかけしますが、ご理解ご協力のほど、よろしくお願いいたします。

本サイトでは、お客様に提供する情報やサービスの充実、本サイトの快適なご利用のために、クッキーを使用しています。本サイトをご利用いただく際には、クッキーの利用について同意いただいたものとみなします。本サイトで使用するクッキーについては、クッキーポリシーをご確認ください。