INTERVIEW 社員インタビュー

現場代理人という夢を叶え、
電気設備の
プロフェッショナル
として会社に貢献したい

電気

K.M

2013年入社

電気情報工学専攻

ABOUT MY WORK 仕事について

新築からメンテナンスまで
幅広い物件を担う

名古屋支社で主に商業施設や複合ビルなどの電気設備対応をしています。
具体的には、施設の建設前に図面検討をするところからはじまり、この建物ならどれぐらいの電力が必要かを考え、分電盤や照明器具・コンセントなどの配置を決めていく仕事になります。並行して、現場の安全管理や品質管理、お客様との打ち合わせ、検査の対応も行っていきます。
また、新築だけではなく既存物件のメンテナンスも担当しています。私は商業施設の受け持ちが多いのですが、営業終了後から翌日の開店までの決められた時間内で効率よく仕事を進めないといけないので事前準備は慎重に行っています。夜間作業はどうしても疲労もたまりやすくなりますしね。段取りが悪いと、誤って冷蔵庫の電源を落としてしまい、食材がダメになってしまったなどのミスにも繋がるのでそういうことが起きないように注意しています。
名古屋はリニア開通に向けて再開発がどんどん進んでいるので、これからも建築業界は盛り上がっていくと考えています。

MY REWARD 私のやりがい

お互いが気持ちよく働ける
環境を作りたい

自分が手掛けた建物に無事に電気がついたときは、やっぱり嬉しいですね。電気は目に見えるものなので、パッと光がつくのを見ると「よかった!」と思います。
仕事をする上で心掛けているのは「よく喋ること」、そして「楽しく過ごすこと」。お互い気持ちよく働ける現場のほうが仕事もはかどりますし、何かあった時にも話しやすいですから。建設現場は危険も伴う場所なので、朝礼でもよく会話して危ない場所をあぶり出して事故を防ぐようにしています。現場では他業者と交渉が必要な場面もあるのですが、気心が知れた仲のほうがお互いスムーズに妥結点を探せる利点もありますね。最近の物件は建物の天井や廊下を広く見せるために配線などが通るエリアは小さくなる傾向にあるので、大きな空調ダクトや電気ラックなどの設備をどう設置するかの検討が複雑になっているんです。新築だと図面通りにいかないことも多くその場で調整していく機会も出てくるので、意見が言いやすい環境を作るのは大事だと思います。

ATTRACTIONS OF DAI-DAN ダイダンの魅力

「支えあえる仲間がいる」
という魅力

人に恵まれた会社だなと思っています。
この業界はどうしてもハードな部分もあるので業界全体で言えば辞めていく人も少なくないと思うのですが、ダイダンは社員同士の仲がいいですし、大変な時も一緒に乗り越えようという機運が強いんです。自分自身、ダイダンにいたからこそ8年間頑張って続けてこれたと思っています。今年はコロナの影響で納期が遅れるなどイレギュラーな場面も多かったのですが、それも団結力があるからこそ耐えられたと思いますね。
あとは、福利厚生が充実しています。現場があるので調整次第ではありますが、リフレッシュ休暇やインターバル休暇などの制度も用意されていますし、形だけじゃなくてちゃんと取得もできます。去年も現場のきりがいいタイミングで一週間旅行をさせてもらいました。こうしてメリハリがつけられるのは助かりますね。

NEXT CAREER これからのキャリア

ずっと「現場代理人になりたい」という目標を持ってきましたが、いよいよ現実味を帯びてきました。必要な資格をしっかり取得して、早くその夢を叶えたいと思っています。また、これからは後輩を指導する場面も増えると思うので、自分が先輩たちにしてもらったことをしっかり伝えて、立派な技術者を増やすことで会社に貢献していきたいです。

Internet Explorer(IE)動作保証対象外のお知らせ

ダイダン公式ウェブサイトへのご訪問ありがとうございます。
申し訳ありませんが、現在ダイダン公式ウェブサイトでは、Internet Explorer(IE)は動作保証対象外となっております。
お手数をおかけしますが、下記の閲覧・動作推奨ブラウザからのご利用をお願いいたします。

ダウンロードおよびインストール方法などにつきましては、ブラウザ提供元へお問い合わせください。
ご不便をおかけしますが、ご理解ご協力のほど、よろしくお願いいたします。

本サイトでは、お客様に提供する情報やサービスの充実、本サイトの快適なご利用のために、クッキーを使用しています。本サイトをご利用いただく際には、クッキーの利用について同意いただいたものとみなします。本サイトで使用するクッキーについては、クッキーポリシーをご確認ください。