施工状況 - 技術とサービス | ダイダン株式会社

株式会社ダイダン

株式会社ダイダン

メニュー
技術とサービス

施工状況

「エネフィス四国」

ダイダン四国支店

BELS(省エネ評価基準)
エネフィス四国

再生時間 3分03秒・音量にご注意下さい

エネフィス四国施工状況

2019年2月20日「建物外観(西側より)」

建物外観(西側より)

白とグレーの、モダンな落ち着いた雰囲気の外壁です。事務室の外壁(白色)は外断熱+壁躯体蓄熱を導入しています。

2019年2月20日「建物外観(西側より)」

建物外観(西側より)

西日の影響を受けにくくするため、縦格子のルーバーを配置し窓も小さくなっています。

2019年2月20日「建物外観(南側より)」

建物外観(南側より)

仮囲いがとれて、建物の外観が見えるようになりました。

2018年12月28日「最上階コンクリート打設」

最上階コンクリート打設

創エネ用の太陽光発電パネル用基礎を施工しています。

2018年11月17日「躯体蓄熱配管」

躯体蓄熱配管

エネフィス九州でも実証した「躯体蓄熱配管」を2階外壁に導入。外壁に地中熱 を利用した冷水(温水)を流す配管を埋め込み、屋外から入る熱を抑えるしくみ です。

2018年11月6日「2階スラブコンクリート打設準備」

2階スラブコンクリート打設準備

2階の床スラブのコンクリート打設を準備しています。

2018年10月5日「スリーブ養生」

スリーブ養生

スリーブ(配管を通すための躯体貫通部)に造花を取り付け、傷つけないように注意喚起しています。

2018年9月19日「埋め戻し」

埋め戻し

地中梁コンクリート打設が完了し、埋め戻しをしています。

2018年9月7日「地中梁コンクリート打設」

地中梁コンクリート打設

地中梁のコンクリートを打設しています。

2018年8月16日「採熱杭チューブ立上げ」

採熱杭チューブ立上げ

建築杭の中に埋設し地中熱を採熱するチューブを立上げ完了

2018年7月30日 アースチューブ施工中(4)

アースチューブ施工中(4)

断面形状や通水など、地中の熱を効率的に取り入れる工夫をしています。

2018年7月30日 アースチューブ施工中(3)

アースチューブ施工中(3)

アースチューブへの外気取り入れ口となります。

2018年7月30日 アースチューブ施工中(2)

アースチューブ施工中(2)

地中は一年を通じて、15℃程度のほぼ一定温度となります。アースチューブは、建物へ取り込む空気を予冷または予熱するために、地中に埋設したチューブです。地中の温度により、夏は外気をあらかじめ冷却(冬は加熱)して取り込むことで、空調に必要なエネルギーを削減します。

2018年7月30日 アースチューブ施工中(1)

アースチューブ施工中(1)

建物へ取り込む空気を通すための黒色のチューブを地中に埋設します。
地中の熱を利用して空調の省エネ化を図ります。

2018年7月3日 採熱杭チューブ施工中(2)

採熱杭チューブ施工中(2)

長さ20mの建築杭(合計12本)の中へチューブを挿入しています。

2018年7月3日 採熱杭チューブ施工中(1)

採熱杭チューブ施工中(1)

建築杭の中にポリエチレン管を通し、水を通すことで地中熱を採熱します。
躯体蓄熱に利用することで空調の省エネ化を図ります。

2018年7月4日 建築杭、採熱杭チューブ施工中

建築杭、採熱杭チューブ施工中

中央の白い柱状物が建築杭です。
この中に採熱チューブを挿入して空調の省エネ化を図ります。

2018年5月16日 安全祈願祭

安全祈願祭

エネフィス四国の着工に際し、大勢の方々にご臨席頂き、安全祈願祭を執り行いました。

2018年6月4日 着工前

着工前

着工へ向けて準備中です。

  • スマートエネルギーへの取り組み
  • 技術研究所
  • エネフィス九州
トップページへ戻る